haus-cros / 十字フレームが印象付ける和洋折衷テイストの箱型中庭住宅
個人住宅 2019年12月完成 家族構成:夫婦 ​所在地:兵庫県赤穂市 用途地域:第二種中高層住居専用地域 敷地面積:239.27㎡ 主要用途:専用住宅 構造:木造2階建て 延床面積:146.69㎡ 容積率:61.31%<200% 建築面積:102.97㎡ 建蔽率:43.04%<70% 最高高さ:7.112m 十字のガラスフレームが印象的なデザインの『haus-cros』お洒落なカフェや器・インテリアがお好きな奥様からは和と洋の絶妙なバランスのBOX型中庭住宅をリクエストされました。 広いデッキテラスとドックランも兼ねた芝スペースのある中庭は、玄関からも見通せてリビングとは大きな開口部と連なる透明ガラスで完全プライベートな広がりのある空間を演出してくれます。 より見通しが利くよう階段の側桁は、華奢なフレームで構成し、要望されたインテリアの雰囲気づくりにも一役買っています。 キッチンの上にあるロフトのような部屋は、リビングで眠る愛犬を見守るためのもので、ダイナミックなタモ貼りの高天井がリビングから続き、その吹き抜けた空間にある化粧梁に設けたルーバーの床は、和のテイストを感じさせ、高い位置の窓ガラスから日よけとメンテナンスの際にも役立ちます。 抜群の開放性とプライバシー、木の温もりを存分に味わえて愛犬と楽しく暮らせる住宅となっています。